これからスマート林業を始めたい方にオススメのセミナー

森林を管理する際に、自らの足で現地を周ることは人手がかかるだけでなく、状況によってはリスクを伴う場合もあります。
ドローンで空から撮影を行うと「樹種判別」「材積調査」などの情報を得ることが可能です。
ドローンを活用したスマート林業で、労力の削減とリスクの低減を効率的に実現できる可能性があります。

このセミナーでは、”ドローンを使用したスマート林業による作業の効率化”について解説いたします。

満員御礼!受付を終了しました。

「ドローンを活用したスマート林業 解説ウェブセミナー」ですが、定員に達したため、申込を締め切りました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

森林・林業で使えるドローン( Phantom 4 RTK )

現在弊社で実際に森林・林業現場で運用しているDJI社製の産業用ドローン「Phantom 4 RTK」について解説いたします。
一般のドローンとの違いやRTK技術の概要、Phantom 4 RTKならではの機能を用いた実際の利活用シーンの解説をいたします。

難易度の高い傾斜地での撮影とオルソ画像の作成と利用

スマート林業の取り掛かりとして弊社が推奨している森林・林業分野で使用されることの多いオルソ画像についての解説や活用事例を紹介いたします。

また、森林・林業分野では平地での撮影はほとんど無く、実務で空撮する際に難易度の高い傾斜地での空撮について、気を付ける注意点についても解説いたします。

森林・林業で使えるドローン運用

現在、JDRONEで実際に運用している、スマート林業の取り組みの一つとして、ドローンを使った森林調査の内容をご紹介します。
時間の関係上、今回はDJIの産業用ドローンであるPhantom 4 RTK、P4 Multispectralの空撮データを基にした立木調査を中心に解説いたします。

立木調査の一環である樹種判別・材積算出、また応用編として枯損木調査等をドローンを活用して具体的にどのようにおこなっているのかをご紹介させていただきます。

開催概要

日程2021年2月10日(水)
セミナー時間15:00 ~ 16:30(受付・出席確認14:30 ~)
開催場所オンライン開催(ZOOM)
詳細な受講方法は参加ご希望者にメールにてご案内いたします。
参加費無料

お申込み

満員御礼!受付を終了しました。

「ドローンを活用したスマート林業 解説ウェブセミナー」ですが、定員に達したため、申込を締め切りました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。