株式会社JDRONEは以下のプレスリリースを公開しました。
当社は、ドローンを社会において安全かつ健全に活用することで、様々な産業発展に寄与し、社会的課題を解決することをミッションとしています。

今回は、ドローン特性を活かし、これまでJDRONEが培った技術力・運用力からテストを重ね、人手不足や知見不足といった昨今の課題、そして、ソーシャルディスタンス下における運用管理といった、新型コロナウィルス拡散防止を目的としたニューノーマルな時代の課題、それらの課題解決の一助となるソリューションをご紹介します。これからのJDRONEに、どうぞご期待下さい。

測量専用ドローンやマルチスペクトルカメラ搭載ドローンを活用したソリューション例

ゴルフ場管理

撮影データから、点群・オルソ画像・3Dモデルなど2次元及び3次元のデータを作成。
ゴルフ場を管理するための「コース計測」や「植生状況調査」などの資料作成が可能です。
広大なゴルフ場を管理するための、人手不足の解消、資料作成のための事務作業時間圧縮等の効果が期待できます。

森林調査

撮影データから、地形や地物の座標値を算出し、点群・オルソ画像・3Dモデルなど2次元及び3次元のデータを作成。
危険を伴う山中での調査を減らし、「樹種判別」「材積調査」「枯損木調査」といった立木調査が可能です。林業への人手・知見不足の解消、及び自治体様の森林管理システム構築へ活用することで、森林資源の充実とその利活用への効果が期待できます。

【関連ページはこちら】当社が提供するドローンソリューションの導入事例について

大型ドローンを活用したソリューション例

環境調査

【FAZER R G2】保有
産業用無人ヘリコプター/ヤマハ発動機(日本)製

特定エリアの航空調査/警備

【Penguin C】保有
産業用無人航空機/UAVファクトリー(ラトビア)製

航続時間・距離ともに世界トップクラスで、各国官公庁への納入実績多数。カタパルトによる発射方式で滑走路不要。
広範囲に渡る航空モニタリングが可能なため、人間の立ち入りが制限される発電所やダムといったエリアの調査/警備などへの活用が期待できます。