JDRONEではペンギンC無人航空機の運用を福島の南相馬サービスベースにて開始しました。

Penguin C (ペンギンC)

ペンギン CはラトビアのUAV Factory社製の固定翼型無人航空機で、最大20時間の飛行及び100km近い飛行が可能です。この機体の試験運用をおこなっています。日本国内でぺンギン Cが飛行するのは今回が初めてとなります。

Penguin C (ペンギンC) 機体
  • 最大20時間の飛行耐久性及び100km近い飛行範囲
  • 専用カタパルトによる迅速な展開・運用
  • 捜索救助活動をガイドするのに役立つ光学カメラとナイトビジョンカメラもオプションで搭載可能
  • ポータブル地上管制局による迅速な運用展開
※写真はUAV FACTORYのウェブサイト及びUAS VISIONより引用しています。

お問い合わせ

ペンギンCの運用について、ご関心のある方はJDRONEまでお問い合わせください。