梅雨も真っ盛りでございますが、JDRONEではドローンスクール「Jドローン・アカデミー」の操縦士コースを開講いたしました。

今回は、第41期Jドローン・アカデミー 操縦士コース 1日目・2日目の様子をレポートしていきます。

Jドローン・アカデミーとは

Jドローン・アカデミーは株式会社JDRONEが運営するドローンスクールです。JUIDA認定講習の「ドローン操縦士コース」と「ドローン安全運航管理者コース」があります。
「ドローン操縦士コース」月に1回~2回。「ドローン安全運航管理者コース」は月に1回開催中です。

このレポートでは、「ドローン操縦士コース」について書いていきます。

Jドローン・アカデミーの説明会はこちらから

Jドローン・アカデミー お申込み・詳細はこちらから

操縦士コース

本コースは、安全ガイドラインや気象、技術といった座学に加えて実習カリキュラムが組み込まれています。本コースを修了するとJDRONEより修了証を発行し、その後JUIDAへ申請することで無人航空機操縦技能証明がJUIDAより交付されます。

屋内座学講習

講師が実例を交えながら座学を行いました。
ドローンを安全に飛行させるためには様々な知識が必要になります。
座学講習では、ドローンに関するルールや、気象について、点検・設備など幅広い知識を学ばれました。

安全に飛行させるには必要な知識ですので、皆さんしっかり耳を傾けていました。

屋内実習

屋内実習では、JDRONEが持つ屋内飛行場の飛行エリアを2つに分けて、実習を行いました。
あいにくの雨でしたが会場のDJI ARENAは屋内施設ですので、滞りなくスクールを進められました。

いよいよ屋内実習が始まり、飛行を交代しながら進んでいきます。
機体をホバリングさせたり、機体の向きを変えた状態での動きを見ながらコントロールさせて飛行感覚をつかみます。

実習では、座学で学んだ点検方法の確認も行います。
実践でも必要な動作になりますので、皆さん真剣に確認されていました。

近くで講師のアドバイスもあるので、安心して飛行されている印象でした。

夜間講習

飛行エリアを暗くし、普段なかなか練習のできない夜間での飛行の練習もしました。

慣れない視界に、みなさん悪戦苦闘です。

ドローンは様々な環境で飛ばす機会があるので、こういった飛行に慣れておくと、いざというときに安心ですね。

コロナ拡大防止によるお願い

Jドローン・アカデミーでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下のお願いしております。

・発熱など風邪のような諸症状のある方は、来場をお控えください。
・講習時には、マスクの着用やソーシャルディスタンスの確保などにご協力ください。
・施設内に消毒液をご用意してあります。機体の使用の前後などにご利用下さい。
・講習中に体調の悪化や気分が優れなくなった場合は、スタッフまでお申し出ください。
・スタッフはマスク着用にて対応させていただきます。
・講習時にスタッフが体調を確認させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。

説明会・お申込み

Jドローン・アカデミーは無料のドローンスクール説明会&ドローン体験会を行っております。
ご検討のかた、気になるかた、お気軽にお申込みください。

Jドローン・アカデミーへの申込・詳細はこちらから