DRONE-FAQ

ペイロード/ジンバルカメラ

Zenmuse L1

General
  • What is the protection level of the Zenmuse L1?


    The L1 has an IP44 rating according to the IEC60529 standard. This means that it is protected against solid objects over 1mm in size and against water splashed from all directions. The protection level is not permanent however and will decrease over time due to device wear.
    To ensure the highest levels of protection:
    • Before installing, make sure that the interface and surface of the gimbal are dry;
    • Before use, make sure that the gimbal is firmly installed on the drone and the SD card protective cap is clean, free of foreign objects, and closed;
    • Before opening the SD card protective cap, wipe the surface of the drone clean.

  • What aircraft is the L1 compatible with?

    The L1 is compatible with the M300 RTK. Before using, please upgrade the firmware of the drone and remote controller to the latest version.

  • Which apps are compatible with the L1?

    The L1 currently supports only the Android version of the DJI Pilot App.

  • Does the camera require an SD card?

    The camera requires a MicroSD card with Class 10 or higher transmission speed or rated UHS-1 , with up to 256 GB supported.

  • What is the Field of View (FOV) of the L1’s Lidar?

    In Non-repetitive Scanning mode, the FOV is 70.4°x77.2°.
    In Repetitive Scanning mode, the FOV is 70.4°x4.5°.

  • What is the maximum measuring range of the L1?

    The maximum measuring range of the L1 is 190m@10%, 100klx ; 450m@80%, 0klx.
    The recommended typical working height is 50m-150m.

  • What is the scanning frequency of the L1?

    The L1 provides three scanning frequencies: one/two returns: 80K/s, 160K/s, and 240K/s; three returns: 80K/s, 240K/s.

  • How many scanning modes does the L1 have?

    The L1 has two scanning modes: Non-repetitive Scanning mode and Repetitive Scanning mode.

  • How many returns does the L1 support?

    The L1 supports 4 types of returns:
    One return: highest intensity;
    One return: first return;
    Two returns;
    Three returns.[TR2]

  • What does the L1’s Point Cloud LiveView do?

    The L1 collects point cloud models based on RTK and displays the collected models on Pilot in real time.
    The following features are supported:
    · Rotating, dragging, zooming, quick switching of perspectives, and centering;
    · Multiple coloring modes including RGB, reflectivity, and elevation;
    · Basic measurement functions including distance, angle, and plane area;
    · Importing data into DJI Terra to display directly.

  • How does the L1 perform high-accuracy post-processed modeling?

    For high-accuracy post-processed modeling, you can import the data from the SD card into DJI Terra with one click. This will generate a colorized point cloud model with high-accuracy PPK-IMU position and orientation calculation supported.

  • Which model reconstruction formats does the L1 support?


    · The L1 supports the following model reconstruction formats:
    · Point cloud formats: PNTS, LAS, PLY, PCD and S3MB;
    · Model formats: B3DM, OSGB, PLY, OBJ and S3MB.

  • Which types of flight missions does the the L1 support?

    The L1 currently supports Aerial photography and Corridor mapping flight.

  • Does the L1 support ground-based data collection?

    The L1 supports ground-based stationary 360° model data collection*.
    *Support coming soon.

  • What is the IMU accuracy of the L1?

    In typical operating scenarios, the IMU accuracy of the L1 is 0.025°(roll/pitch)/0.08°(yaw).

  • What is the L1’s auxiliary vision sensor used for?

    The vision sensor provides altitude data. This means that if the GNSS signal temporarily fails, the aircraft's accuracy will not be affected for up to 60 seconds.

  • What is the L1’s RGB camera used for?

    The RGB camera of the L1 provides basic functions for taking photos and recording videos and provides real-time color information for the point cloud data during the scanning process. This allows the L1 to output true color point clouds and reality models.
    Note that Lidar scanning and video recording cannot work simultaneously.

  • Which measurement operations can be performed during real-time point cloud rendering?

    During real-time point cloud in the Pilot, the point, line and plane measurements can be performed.

  • What is the surveying and mapping accuracy of the L1?

    At a flight height of 50 m, the vertical accuracy of the L1 can reach 5 cm and the horizontal accuracy can reach 10 cm.

  • Can the L1 work at night?

    The Lidar module of the L1 has active detection capability which can scan terrain to collect point clouds during nighttime or other low light conditions.

  • Which scanning mode does the L1’s Lidar module adopt?

    The Lidar module of the L1 adopts an Advanced Frame Scanning mode. This ensures that all point clouds collected are valid point cloud data.

  • How efficient is the surveying and mapping operation of the L1?

    At a flight height of 100 m and a velocity of 10 m/s, a single flight with the M300 RTK and the L1 can collect data covering an area of 2 km2.

  • What are the application scenarios of the Zenmuse L1?

    The L1 can be widely used in multiple scenarios including:
    · Topographic surveying and mapping
    · Power transmission line corridor modeling
    · Emergency response surveying and mapping
    · Detailed modeling
    · Agriculture & forestry investigation

  • On which gimbal of the the M300 RTK can the L1 be mounted?

    The L1 can be mounted on the right downward gimbal port (when facing the drone) or the upward gimbal on top of the M300 RTK.

Zenmuse P1

General
  • What’s the resolution of the photos taken by the P1?

    The P1 takes photos with a resolution of 8192 * 5460, or approximately 45 megapixels.

  • Which image/video formats are supported?

    The P1 supports the following image/video formats:
    · Images: JPEG, JPEG+DNG;
    · Videos: MP4.

  • What’s the shortest continuous shooting interval of the camera?

    The shortest continuous shooting interval of the P1 is 0.7 seconds.

  • What’s the mechanical shutter speed range of the P1?

    1/2000s — 1/8s.

  • What’s the single pixel size of the P1?

    The single pixel size of the P1 is 4.4μm.

  • Which lenses does the P1 support?

    The P1 supports 24mm, 35mm and 50mm lenses with DL mounts.

  • Are there other lenses available for the P1?

    No, currently the P1 supports only three industry-specific lenses. The lenses of the P1 are optimized for surveying and mapping scenarios, including optical parameter writing, lens performance recording, and reminders. Lenses with other DL mounts can take photos and videos manually when installed on the the Zenmuse P1 camera but cannot support surveying and mapping.

  • Which drones support the the P1? On which gimbal port can it be installed?

    Currently, only the The M300 RTK supports the P1. The P1 can be installed only on the No. 1 gimbal port while the The M300 RTK is in Single Gimble mode.

  • Which position is recorded by the photos taken by the P1?

    In photos taken by the P1, the exit pupil position at the center of the camera lens is recorded.

  • How does Smart Oblique Capture work?

    In Smart Oblique Capture, the P1 adopts a shooting order of nadir, front, left, back, and right. This is the optimal shooting order for oblique photogrammetry data collection.

  • What’s the tilt angle range of the camera during the Smart Oblique Capture of the P1?

    During Smart Oblique Capture, the tilt angle range of the P1 is from -60° to -90°.

  • What is the relationship between the ground sample distance of the data collected by the P1 and the flying altitude?

    The relationship between the ground sample distance and the flying altitude differs between lenses as follows:
    · 24mm lens: GSD=H/55
    · 35mm lens: GSD=H/80
    · 50mm lens: GSD=H/120
    Where GSD is measured in centimeters (cm) and the target distance (H) is measured in meters (m).

  • Does the lens support zooming? How to focus during operation?

    No, zooming is not currently supported. Auto focus can be used when in Route mode. Manual focus is required when in Manual mode.

  • What is the Low-noise High-sensitivity mode of the P1?

    The Low-noise and high-sensitivity mode of the P1 can improve the camera sensitivity (ISO) while reducing noise levels.

  • In which surveying and mapping scenarios can the P1 be used?

    The P1 can be used in multiple surveying and mapping scenarios including:
    · 2D orthomosaic
    · 3D oblique
    · Detailed modeling
    · Real-time mapping

  • What content does the field work report include?

    After a flight mission is completed, a field work report is generated for pilots to quickly confirm the quality of field data on site. Information includes:
    · The location of each photo;
    · The number of photos;
    · The RTK positioning status and location accuracy.

  • What does the payload health management system record?

    The P1 is connected to the payload health management system in DJI Pilot to record the following:
    · Service time of devices
    · Historical abnormal status
    · Usage count of the shutter
    · Swing count of the gimbal
    Corresponding suggestions on abnormalities and maintenance are then provided to ensure the best performance.

  • Does the M300 RTK support PPK post-processing when used with the P1?

    Yes. The task folder stores photos, original GNSS observations, and TimeStamps.MRK files, which are used for PPK post-processing calculations.

  • Which types of APP control does the aerial survey solution of the M300 RTK and the P1 support?

    Currently, only DJI Pilot is supported.

  • Which operating modes do the P1 support?

    The P1 supports the following operating modes:
    · Aerial photography
    · Oblique photography
    · Corridor mapping flight
    · Waypoint flight
    · Manual operation

  • What are the TimeSync 2.0 features when using the M300 RTK and the P1 surveying solution?

    The following TimeSync 2.0 features are available:
    • Output the exposure time interval in microseconds;
    • Time synchronization for the camera, the gimbal, the flight control system, and RTK;
    • Brand new position and orientation compensation function which writes precise exit pupil positions of the camera into the photos based on the positions and orientations of the drone and the gimbal.

ZENMUSE H20

一般
  • こちらのジンバルカメラを購入したいです。

    こちらの機体は産業用商品のため、使用目的等をヒアリングしてからお見積りいたします。

    JDRONEの担当営業にお伝えください。
    enterprise@jdrone.tokyo

  • Zenmuse H20シリーズには何種類のモデルがありますか?

    Zenmuse H20シリーズには、Zenmuse H20(広角カメラ、ズームカメラ、レーザー距離計を搭載したトリプルセンサーモデル)と、Zenmuse H20T(広角カメラ、ズームカメラ、レーザー距離計、放射分析サーマルカメラを搭載したクアッドセンサーモデル)の2種類のモデルがあります。

  • 保護等級とは何ですか?

    管理されたラボ環境下では、Zenmuse H20シリーズはIEC60529基準における保護等級レベルIP44を満たします。保護等級レベルは永久的に有効なわけではなく、損耗によって低下します。
    • ジンバルを取り付ける前に、ジンバルコネクターのインターフェースとジンバルの表面が、乾いていて水分がない状態であることを確認してください。
    • 使用前に、ジンバルが機体にしっかりと装着されており、またSDカードのカバーがきれいで、異物が付着しておらず、しっかりと閉じていることを確認してください。
    • SDカードのカバーを開ける前に、本体の表面を拭いてきれいにしてください。

  • カメラの画像解像度を教えて下さい。

    放射分析サーマルカメラ:R-JPEG、640×512 px
    広角カメラ:JPEG、4056×3040 px
    ズームカメラ:JPEG、5184×3888 px

  • カメラの動画解像度を教えて下さい。

    放射分析サーマルカメラ:640×512@30fps
    広角カメラ:1920×1080@30fps
    ズームカメラ:3840×2160@30fps / 1920×1080@30fps

  • どの動画フォーマットに対応していますか?

    MP4エンコード(H.264圧縮)に対応しています。

  • H20シリーズのズームレベルを教えて下さい。

    23倍ハイブリット光学ズーム、最大200倍ズームです。

  • Zenmuse H20シリーズのペイロードの可視光カメラの最小撮影距離を教えて下さい。

    ズームの倍率が大きくなるにつれて焦点距離も長くなります。

    1倍〜2.8倍、最小焦点距離1 m。
    2.9倍〜3.9倍、最小焦点距離2 m。
    4倍〜4.6倍、最小焦点距離3 m。
    4.7倍〜14.2倍、最小焦点距離5 m。
    14.3倍〜200倍、最小焦点距離8 m。

    被写体が最小焦点距離よりも近くにある場合、カメラは焦点を合わせることができません。例えば、機体のペイロードが鉄塔から5 mの距離にある場合、カメラは14.2倍以上のズーム倍率の状態では焦点を合わせることができません。

  • どのような要因が、レーザー距離計の精度に影響を与えますか?

    レーザー距離計は、光のToF(到達飛行時間)によって距離を測定します。以下のような光のToF(到達飛行時間)が影響を受ける環境下では、レーザー距離計の精度に影響を受ける場合があります。
    煙、雨、雪、粉塵などがある環境下で測定する場合:範囲が狭まり、データの読み取りに障害が発生する場合があります。
    ガラスまたは透明な部分がある被写体を測定する場合:
    ガラスが適度な距離にある場合、(ガラスの向こう側に物体があったとしても)ガラスまでの距離が測定されます。
    ガラスがレーザー光線を他の場所に向けて反射する場合、他の場所までの距離が測定されます。
    ガラスの表面が非常になめらかな場合、または距離が非常に近い場合は、光線はガラスを通過し、その向こう側にある物体を検知しますが、距離は大幅に短縮されます。

  • Zenmuse H20Tのサーマルカメラのフレームレートを教えて下さい?

    30fpsです。

  • Zenmuse H20Tの温度測定の精度を教えて下さい。

    精度は、±2℃または±2%のうち、いずれか大きい方になります。(室温25℃、無風状態のラボ環境下にて、黒い物体から5 m離れた状態で測定)
    注:黒い物体の放射率レベルには幅があります。上記の測定は、ある特定の黒い物体の測定結果であり、あくまで参考です。

  • どのような要因がZenmuse H20Tの温度測定の精度に影響を与えますか?

    物体の反射率:反射率が高い光沢のある金属の場合、精度は低くなり、温度測定の正確性も低下します。
    背景放射の温度:曇りの日に比べて、雲がない晴れた日は精度に対する影響は少なくなります。
    気温と湿度:気温と湿度が高くなるにつれて、読み取りも影響を受け、精度が低くなります。
    カメラと被写体の距離:被写体とカメラの間の距離が大きくなるにつれて、精度は低くなります。

  • Zenmuse H20Tのサーマルカメラの高利得モードと低利得モードの違いは何ですか?

    高利得モード:狭い温度測定範囲内で、高品質の測定を行います。温度測定範囲は-40℃〜150℃です。
    低利得モード:広い温度測定範囲内で、高利得モードに比べて低い品質で測定を行います。温度測定範囲は-40℃〜550℃です。

  • Zenmuse H20Tのサーマルカメラはデジタルズームに対応していますか?

    はい、2倍、4倍、8倍のデジタルズームに対応しています。

  • Zenmuse H20Tのフラットフィールド補正(FFC)とは何ですか?

    FFC(フラットフィールド補正)は、熱画像の品質を最適化し、温度変化をより簡単に確認できるようにするために使用します。設定で、FFC自動調節をオフにすることで、FFCを手動で有効にすることもできます。

  • Zenmuse H20Tでの温度測定方法は何種類ありますか?

    2種類の方法があります:任意の一点の測定を行うスポット測光と、任意の範囲内で様々な温度測定を行うエリア測定です。

  • Zenmuse H20Tには焦点距離の異なる複数のバージョンが存在しますか? サーマルカメラの焦点距離を教えてください。

    Zenmuse H20Tのモデルは1種類です。サーマルカメラの焦点距離は13.5 mm (F1.0)、焦点距離(35mm判換算)は58 mm、DFOV(対角視野)は40.6°です。

  • Zenmuse H20Tで撮影した熱画像を処理するために、どのソフトウェアを使用すればよいですか?

    DJI熱分析ツールを使用して処理を行うことができます。コチラからダウンロードしてください:https://www.dji.com/jp/zenmuse-h20-series/download

  • レンズが曇ってしまった場合の対処方法を教えて下さい。

    Zenmuse H20シリーズは、カメラ部品への水による損傷を防止する設計になっています。ただし、湿度が高すぎたり、あるいはペイロードが雨に濡れると、水分がカメラの内部に侵入する場合があります。電源をオンにすると、電気部品が発熱し、水分が蒸発して水滴が生じたりレンズが曇ったりします。これは通常、機体のペイロードの電源をオンにし、水分が蒸散するまで待つことで解決します。使用しないときは、ペイロードを指定のケースに入れて、または相対湿度40%以下の乾燥した涼しい場所に保管することを推奨します。

  • 夜間撮影モードとは何ですか?

    夜間撮影モードでは、カメラはIRフィルターに切り替え、ISPパラメータを調整して低光量環境に最適化します。

  • 高解像度グリッド写真モードとは何ですか?

    DJI Pilotでは、広角カメラビューで、ある範囲をドラッグして選択すると、広角カメラで画像が一枚撮影されます。同時に、ジンバルが回転し、ズームカメラを使って、現在のズーム倍率で、選択した範囲の20MP画像を自動的に複数枚撮影します。撮影したすべての画像はSDカードの同じサブフォルダ内に保存され、ウェブブラウザで閲覧可能なHTMLファイルが生成されます。これにより、全景画像と詳細なクローズアップ画像の両方を確認することができます。

  • 対応しているmicroSDの最大容量を教えてください。

    128GBです。UHS-I スピードクラス3のmicroSDカードの使用を推奨します。

  • どのアプリと互換性がありますか?

    Zenmuse H20シリーズが対応しているDJI Pilotは、現在Androidバージョンのみとなります。

  • 動画撮影中に写真を撮ることはできますか?

    はい。最新のファームウェアが必要です。

  • タイマー撮影に対応していますか?

    はい。最新のファームウェアが必要です。

  • どのドローン プラットフォームと互換性がありますか?

    Matrice 300 RTKとの互換性があります。機体および送信機の両方のファームウェアを最新版に更新してください。

  • どのジンバルポートに取り付けることができますか?

    M300 RTKの3つのジンバルポートのどれにでも取り付け可能です。

  • Zenmuse H20シリーズのファームウェアの更新方法を教えてください。

    更新を行う前に、以下の点を確認してください:①機体の電源がオフになっている、②ペイロードが機体にしっかりと取り付けられている、③microSDカードに十分な空き容量がある、④インテリジェント フライトバッテリーの残量が十分である。
    DJIの公式ウェブサイトから、Zenmues H20シリーズの製品ページの「ダウンロード」セクションを開いてください。
    最新版のファームウェアパッケージをダウンロードします。
    ダウンロードしたファームウェアのパッケージをmicroSDカードのルートフォルダに保存します。
    microSDカードをペイロードのmicroSDカードスロットに挿入します。
    機体の電源をオンにすると、ジンバルがセルフチェックを開始し、ファームウェアの自動更新を実行します。
    更新が完了したら、すべての機器を再起動してください。

    ジンバルの更新状況の説明:
    短いビープ音4回…新しいファームウェアが検出され、更新の準備ができています。
    長いビープ音2回…ファームウェアの更新実行中、更新を中止しないでください。
    長いビープ音1回に続いて、短いビープ音2回…ファームウェアの更新が完了しました。
    長いビープ音が鳴り続ける… ファームウェアの更新に失敗しました。もう一度更新をやり直してください。サポートが必要な場合は、DJIサポートまでご連絡ください。

    注:
    • microSDカードに保存するファームウェアは1つのバージョンのみとしてください。複数のバージョンのファームウェアをmicroSDに保存すると、更新がうまく実行できません。
    • 更新実行中は、機体の電源をオフにしたり、ペイロードを機体から取り外したりしないでください。ジンバルが損傷する場合があります。

  • Zenmuse H20シリーズを使用する際に配慮すべき安全上の注意点は何ですか?

    カメラレンズを高エネルギー源(太陽、溶岩、レーザービームなど)に向けないでください。対象物の温度が800℃を上回ると、カメラに回復不能な損傷が生じる場合があります。
    直射日光の当たる場所や通気性の悪い場所、ヒーターの近くなどに、カメラを置かないでください。
    カメラの電源オン/オフの切り替えを、短い間隔で何度も行わないでください。カメラの電源をオフにしたら、最低でも30秒以上たってから再起動してください。30秒以内に再起動すると、カメラのチップの製品寿命に影響がある恐れがあります。
    使用中にmicroSDカードの抜き差ししないでください。
    カメラレンズに触ったり、硬いもので擦ったりしないでください。撮影画像がぼやけるおそれがあります。
    カメラレンズの手入れを行う場合は、乾いたやわらかい布を使用してください。アルカリ性の洗剤は使用しないでください。
    ペイロードは指定のケースに収納し、乾燥した通気性の良い場所に保管してください。

  • Zenmuse H20シリーズはどのような場面で使うことができますか?

    Zenmuse H20シリーズは、消火活動や防火、捜索や人命救助、交通警察活動などの公共安全の分野や、設備や機材の検査、地熱エネルギー探査、石油・ガス探査などのエネルギー産業分野など、多様な場面で優れた機能を発揮します。

  • Zenmuse H20シリーズを航空測量に利用できますか?

    Zenmuse H20シリーズの設計は航空測量に必要な精度要件を満たしません。しかし、DJI Pilotアプリ内のマッピングミッションで、広角カメラを使って画像を撮影することは可能です。

ZENMUSE X7

一般
  • このカメラに利用可能なレンズを購入したいです。

  • Zenmuse X7をInspire 2以外のプラットフォームと、もしくは単体で使用できますか?

    現時点ではできません。Zenmuse X7のジンバルとカメラは、現在Inspire 2とのみ使用できます。今後、さらに多くのDJI製品と使用できるようになります。

  • Zenmuse X7はInspire 1との互換性はありますか?

    ありません

  • 新しいZenmuse X7とZenmuse X5Sの主な違いは何ですか?

    Zenmuse X7は、Super 35mm映像センサーと、互換性のある4本(16mm、24mm、35mm、50mm)の空撮用レンズを取り付けられるDL-マウントを搭載しています。一方、Zenmuse X5Sのセンサーサイズは4/3インチで、標準のマイクロフォーサーズマウントを搭載し、8本のプロ向けレンズに対応しています。*X5Sに互換性のある一部のレンズには、バランスリングが必要です。

  • その他のZenmuseカメラと比べて、Zenmuse X7はどのような点が向上していますか? また、映像品質はどのように異なりますか?

    Zenmuse X7は、23.5×15.7 mmセンサーを搭載し、1ピクセルのサイズは3.91 μmまで増大しています。RAW動画を最大6K/30 fpsまたは3.9K/59.94 fpsで撮影し、写真の最高解像度は24 MPです。X7に搭載されている大型センサーは、 素晴らしい写真や映像を撮影できるだけでなく、最大14ストップのダイナミックレンジを実現します。

  • DL-マウントのメリットは何ですか?

    DL-マウントは、カメラのサイズと重量を著しく軽量化しながら、映画品質の映像を確保します。X7のフランジ焦点距離は、DL-マウントによって16.84mmまで短縮されています。また、空撮向けにカメラをよりコンパクトにし、安定性を向上させます。

  • Zenmuse X7と互換性のあるレンズは何ですか?

    現在、Zenmuse X7は、最大絞りF2.8の4本のDL-マウントの単焦点レンズと互換性があります。16 mmレンズには、NDフィルターが内蔵されています。24、35、50 mmレンズはリーフシャッターを搭載し、最大シャッター速度は1/1000sです。

  • 4本の互換性のあるレンズのうち、DL-SとDLの違いは何ですか?

    DL-Sレンズが対応している最大センサーサイズは Super 35mmです。他のDLレンズ3本はフルフレームセンサーに対応しています。すべてのレンズで最大8Kの解像度を実現します。

  • リーフシャッターについて教えてください。リーフシャッターのメリットは何ですか?

    シャッター速度が1/1000sより遅い場合、リーフシャッターが自動で有効になりますが、手動で無効にできます。リーフシャッターは、ローリングシャッター現象による映像の歪み、蛍光灯下のフリッカー現象による縞模様、高速で移動する被写体を撮影する際に生じるモーションブラーを防ぎます。現在、リーフシャッターはシングルショットモードのみで有効になります。

  • X7の互換性のあるレンズは、サードパーティ製のフィルターに対応していますか?

    対応しています。Zenmuse X7のレンズと使用できるフィルターは、直径46mm、重量10~12g、厚み4.4mm以下(スレッド除く)のフィルターです。

  • Inspire 2でZenmuse X7を使用する場合、ストレージには何を使用すればよいですか?

    microSDカードとDJI CINESSDを使用してください。通常の映像撮影にはmicroSDカードを使用します。特定の動画フォーマットを必要とするハイエンドな映像制作の場合には、CINESSDをご使用ください。CINESSDはmicroSDカードなしでのご利用はできません。

  • Zenmuse X7がInspire 2と接続されている場合、写真と動画はどこに保存されますか?

    JPEGとDNG画像(バーストモードで撮影されたRAW 映像除く)と、H.264およびH.265コードの撮影動画は、microSDカードに保存されます。バーストモードで撮影されたRAW映像は、DJI CINESSDに保存されます。適切なアクティベーションキーの適用後は、CinemaDNGとApple ProRes動画の録画が可能になり、映像はDJI CINESSDに保存されます。

  • Zenmuse X7、Inspire 2、DJI Inspire 2アクティベーションキー、CINESSDの関連性を教えてください。

    Zenmuse X7は、Inspire 2と互換性のあるプロフェッショナル向け空撮カメラです。Zenmuse X7で録画された動画は、CineCore 2.1画像処理システムで処理されます。DJI Inspire 2アクティベーションキーで、CineCore 2.1用のCinemaDNGやApple ProResの処理機能のロックが解除されます。録画されると、これらのファイルはCINESSDに保存されます。動画の録画性能は、使用しているCINESSDの容量によって異なります。

  • こちらのジンバルカメラを購入したいです。

    JDRONEオンラインストアで購入可能です。

    DJI Zenmuse X7

ZENMUSE X5S

一般
  • こちらのジンバルカメラを購入したいです。

    JDRONEオンラインストアで購入可能です。

    DJI Zenmuse X5S

  • X5SとZenmuse X4Sとの違いは何ですか?

    どちらのカメラも2000万画素の静止画を撮影しますが、X4Sは、1インチのExmor R CMOSセンサーおよびセンサーと画像処理エンジンに合うように特別に設計されている固定単焦点レンズを搭載しています。さらに、X4SはH.264とH.265のフォーマットで4K動画を撮影できます。 Zenmuse X5Sは、M4/3センサーとM4/3レンズに対応する交換可能なレンズマウントを搭載しています。Inspire 2に内蔵されているCineCore 2.0画像処理システムと組み合わせることで、Zenmuse X5Sは、 H.264とH.265のフォーマットだけでなくCinemaDNGとApple ProResでも動画を撮影することができ、プロの映像制作やテレビ制作での広範囲な用途に適しています。

  • Zenmuse X5SとZenmuse X5Rとの違いは何ですか?

    Zenmuse X5Rは、空撮に特化したDJI初のM4/3カメラです。1,600万画素のセンサーを搭載し、CinemaDNG RAWで4K/30の動画を平均ビットレート1.7Gbpsで録画可能です。Zenmuse X5Sは、このカメラを大幅に改良したものです。以下の新しい機能が含まれています。
    a. Inspire 2とZenmuse X5Sを接続するための新しいクイックリリースコネクター カメラセンサーは、画像処理システムから分離されているため、磁気干渉や熱ノイズから保護されています。
    b. 性能が向上した2,080万画素のセンサーは、SN比と色再現性がより優れています。最先端のオーバーサンプリング技術と連携し、鮮明でノイズの少ない映像を記録します。
    c. Inspire 2のCineCore 2.0画像処理システムを使用すると、Zenmuse X5Sは、H.264とH.265の2つのコーデックで4K/30のオーバーサンプリング動画を最大100Mbpsで録画することができます。DJI Inspire 2のライセンスキーを使用し、DJI CINESSDが搭載されている場合、Zenmuse X5Sは、CinemaDNGで5.2K/30または4K/60、Apple ProRes 422 HQで5.2K/30、Apple ProRes 4444 XQ (アルファなし) で4K/30の動画を録画することができます。5.2Kで撮影する場合、Zenmuse X5Sの最大ビデオビットレートは4.2Gbpsです。

  • Zenmuse X5Sは単独のカメラとして使用できますか?

    できません。Zenmuse X5SはInspire 2に取り付けて使用してください。今後は、より多くの製品でご使用いただけるようにする予定です。

  • Zenmuse X5Sで録画されたApple ProRes動画とZenmuse X5Rを使用して録画されたProRes動画の違いは何ですか?

    Zenmuse X5Rは、CinemaDNG動画を録画します。したがってApple ProRes動画を作成するにはDJI CINELIGHTで処理する必要があります。適切なDJI Inspire 2のライセンスキーを使用して、DJI CINESSDが搭載されている場合、Inspire 2の新しいCineCore 2.0画像処理システムを使って、Zenmuse X5SはApple ProRes動画を直接エクスポートすることができます。

  • Zenmuse X5Sはどのようなストレージデバイスに対応していますか?

    microSDカードとDJI CINESSDに対応しています。microSDカードは映像撮影の場合に必要です。一方、CINESSDは特定の動画フォーマットを必要とするハイエンドな制作の場合にのみ必要です。

  • X5Sカメラ、Inspire 2、DJI Inspire 2のライセンスキー、CINESSDはどのように関連しているのですか?

    Zenmuse X5Sは、Inspire 2と互換性があるプロ仕様の空撮用カメラです。Zenmuse X5Sで録画された動画は、CineCore 2.0画像処理システムにより処理されます。DJI Inspire 2のライセンスキーは、CineCore 2.0でCinemaDNGおよび/または Apple ProResでの録画を可能にします。次に、これらのファイルはCINESSDに保存されます。動画品質は、120Gまたは480GのどちらのCINESSDが使用されているかによって変わります。

  • Zenmuse X5Sの画像はどこに保存されますか?

    JPEGとDNGの静止画 (バーストショットされたRAW画像を含まない)およびH.264とH.265のコーデックで録画された動画は、microSDカードに保存されます。バーストショットされたRAW画像は、DJI CINESSDに保存されます。DJI Inspire 2のライセンスキーを使用して制限を解除した後、CinemaDNGとApple ProResの動画はDJI CINESSDに保存されます。

  • Zenmuse X5SはCinemaDNGとApple ProResの動画をどのように録画しますか?

    CinemaDNGとApple ProResの使用は、DJI Inspire 2のライセンスキーが必要です。また DJI CINESSDとZenmuse X5Sを併用している場合のみ、これらのコーデックを使って録画できます。動画品質は、120Gまたは480GのどちらのCINESSDが使用されているかによって変わります。Zenmuse X5Sは、CinemaDNGやApple ProResで録画しながら、H.264またはH.265の動画を作成することもできます。

  • H.265コーデックはH.264コーデックよりどの程度優れていますか?

    H.265は、 H.264に続いて登場した新しい動画圧縮コーデックです。H.265の方が情報量が50%多く、圧縮性能が優れており、帯域使用率が低いです。H.265の動画を再生またデコードするにはアップグレードしたデバイスが必要であることにご注意ください。

  • Zenmuse X5Sで使用する場合、レンズの焦点はどのくらいですか?

    35mm判換算の焦点距離は、実際のレンズの焦点距離の約2倍です。

  • Zenmuse X5Sで市販のレンズを利用したいです。

    マイクロフォーサーズマウントの8本のプロ向けレンズに対応しています。*X5Sに互換性のある一部のレンズには、バランスリングが必要です。

    搭載可能なレンズについてはこちらの商品をごらんください

ZENMUSE XT2

一般
  • サーマルレンズとビジュアルレンズには、どのような種類がありますか?

    Zenmuse XT2には、9mm/13mm/19mm/ 25mmの焦点距離のサーマルレンズがあります。それぞれ8mmのビジュアルレンズを搭載しています。

  • Zenmuse XT2のサーマルレンズの動作周波数を教えてください。

    9Hzと30Hzの2種類です。

  • すべてのZenmuse XT2カメラに、局所温度検知機能を搭載していますか?

    はい、搭載しています。

  • Zenmuse XT2カメラにおいて、モデル型式の文字列には、どのような意味がありますか?

    以下に、ZXT2A19SRモデルを例として説明します。 1. ZXT2:Zenmuse XT 2のことを意味します。 2. A:解像度 640x512のレンズ搭載を意味します。B:解像度 336 x 256のレンズ搭載を意味します。 3. 19:焦点距離が19mmであることを意味します。 4. S:動作周波数9Hzのレンズであることを意味します。 5. R:局所温度検出機能を搭載していることを意味します。

  • 高利得モードと低利得モードの違いは何ですか?

    Zenmuse XT2では、高利得モードの場合、温度に対し高感度になり、少しの違いも検出できますが、狭い温度範囲でしか動作できません。逆に、低利得モードでは、広い範囲で動作しますが、温度に対しての感度は下がります。 高利得モード: 1. 解像度640x512での検知温度範囲: -25℃~ +135℃ 2. 解像度336x256での検知温度範囲: -25℃~ +100℃ 低利得モード:すべてのレンズで-40℃ ~ +550℃の温度を検知

  • PIP(ピクチャー イン ピクチャー)設定内の「サイドバイサイド」はどのような設定ですか?

    この設定は、熱画像ビューと視覚ビューに動画を2分割して表示します。サーマルビューは元のサイズを保持しますが、視覚ビューはリサイズされ、適切に表示されます。

  • XT2の新しい写真機能はどのような機能がありますか?

    バーストショットモードが追加されました。

  • MSXレベルのロー/ミディアム/ハイの選択でどのように変化しますか?

    被写体の輪郭と模様のシャープネスのレベルの違いです。MSXのレベルをローに設定した場合は、被写体の輪郭と模様ははっきりしなくなります。

  • FFCとは何ですか?

    FFC は、Flat-Field Calibration(フラットフィールドキャリブレーション)のことです。この機能は温度変化をよりクリアに観察するための画像処理機能です。FFC は設定メニューでオフにでき、手動で開始できます。

  • Zenmuse XT2の新しい特長と機能を教えてください。

    ヒート トラック:ヒートトラックボタンをタップすると、XT2はライブビューの最も高温なポイントの追尾を開始します。 スポットライト:スポットライト機能で、XT2は可視光で確認できる被写体を追尾できます。 PIP(ピクチャー イン ピクチャー)機能: ライブビュー機能中に画面を2分割(熱画像と視覚画像)できます。また、熱画像を視覚画像の中央に組み込むこともできます。

  • Zenmuse XT2のファームウェアの更新方法を教えてください。

    DJI公式オンラインストアにアクセスし、最新のXT2のファームウェアをダウンロードし、そのデータをフォーマット済みのmicroSDカードに保存してください。microSDをXT2カメラのカードスロットのいずれかに挿入して、カメラをM200またはM600 Proドローンに取り付けてください。更新を開始するには、ドローンの電源を入れてください。 詳細については、チュートリアルビデオをご覧ください。

  • Zenmuse XT2はどこで購入できますか?

    https://www.dji.com/jp/where-to-buy/dealer-mapsでお近くの正規代理店をご確認いただくか、enterprise@dji.comまでお問い合わせください。

  • Zenmuse XT2は最高温度点と最低温度点を同時に検知できますか?

    あります。XT2の全てモデルにおいて、最高温度点と最低温度点を検知できます。また、XT2は、画面上のどの箇所の温度も検知でき、さらに高温警告も設定できます。

  • TIFF SEQとSEQの動画フォーマットでの録画方法を教えてください。

    RAW動画をTIFF SEQとSEQフォーマットで録画するには、microSDカード2枚を両方のスロットに挿入します。RAW動画はスロット2のmicroSDカードに保存され、他のデータはスロット1のmicroSDカードに保存されます。なお、XT2は、記憶領域が最大128GBまで、 UHS-Ⅲ規格以降のSDカードに対応しています。

  • MOVやMP4と比較した場合、SEQとTIFF SEQ動画フォーマットのメリットは、どのような点ですか?

    SEQ (RAW) フォーマットの場合、動画の色設定の調整や動画の各フレームの編集といったポストプロダクションを行えます。

  • Zenmuse X2と互換性のあるアプリは何ですか?

    現在、Zenmuse XT2は、DJI Pilotアプリにのみ対応しており、M200シリーズとM600 Proドローンに搭載して、使用できます。

  • Zenmuse XT2の赤外線サーマルカメラに、レンズフィルターは装着できますか?

    いいえ。Zenmuse XT2のレンズは、オリジナルのレンズモジュールと一体化しており、レンズフィルターには対応していません。

  • Zenmuse XT2にmicroSDカードは同梱されていますか?

    あります。32GB microSDカード2枚が同梱されています。

  • 被写体の輪郭が熱画像と一致しない場合、どうすればよいですか?

    DJI PilotアプリのMSXオフセットで調整すれば、一致させることができます。

  • 「R-JPEG」とは何ですか?

    FLIR社の専用画像フォーマットです。ピクセル毎に温度情報を持っており、FLIRツールで分析できます。また、R-JPEG画像は、JPEG画像と同じように確認や処理することができます。

  • XT1では白黒だったR-JPEG画像が、Zenmuse XT2ではカラーになりました。何故ですか?

    XT1と比べて、XT2はより強力な処理モジュールを搭載しているので、異なる範囲の温度を表示する際に、熱画像の色がより詳細でシャープに表示されます。

  • Zenmuse XT2は、4Kで動画撮影できますか?

    ビジュアルレンズは4K動画撮影に対応していますが、サーマルカメラは対応していません。

  • 温度検知の正確さに影響を与える要素には、どのようなものがありますか?

    1. 金属面に反射した被写体は、実際値よりも低胃温度で検知されます。 2. 温度検知は、周囲の環境の温度にも影響を受けます。例えば、晴天時にはあまり影響はありませんが、曇りや寒冷な気候の場合、影響は大きくなります。
    3. 周辺の湿度や気温も同様に影響します。
    4. 空気層の厚さ:空気が薄いと検知結果が不正確になります。

  • Zenmuse XT2をどのような用途やシーンで使用できますか?

    地熱検知、防火、森林調査だけでなく、電気検査、石油・ガス関係の点検/建物調査などに使用できます。

  • こちらのジンバルカメラを購入したいです。

    こちらの機体は産業用商品のため、使用目的等をヒアリングしてからお見積りいたします。

    JDRONEの担当営業にお伝えください。
    enterprise@jdrone.tokyo

    詳しくはこちらのリンクをご覧ください。
    ZENMUSE XT2

  • Zenmuse XT2を取り付けることのできるドローンを教えてください。

    XT2を取り付けられるドローンは、M200 シリーズドローンとMatrice 600 Proのみです。XT2は、Matrice 600 Proドローンに搭載する場合、ヒートトラックやクイックトラックといった一部のインテリジェント機能を使用できません。ご注意ください。

  • Zenmuse XT2カメラのレンズを取り替えられますか?

    XT2サーマルカメラとビジュアルカメラのレンズを取り替えることはできません。製品をご購入される前に、お客様のニーズに最も適したレンズをお選びいただくため、DJI Enterprise正規代理店にご相談することをお奨めいたします。

  • Zenmuse XT2のデータ保存方法を教えてください。また、どのようなファイルフォーマットになりますか?

    XT2はデュアルセンサー搭載で、2種類のSDカードスロットがあります。通常の写真/動画撮影データ用のスロットと、サーマル動画データ用のスロットです。サーマル動画用のスロットに挿入したSDカードには、FLIRのサーマルセンサーからの放射分析データを完全に保存できるので、さまざまな後処理作業を行えます。

  • Zenmuse XT2で、前モデルXTから改善された点はどのような点ですか?

    1. XT2では、MOVやMP4に加え、TIFF SEQとSEQの動画フォーマットも使用できます。また、ポストプロダクション用の容量が増加し、動画からの温度分析も行えます。
    2. ビジュアルカメラが追加され、視覚画像と熱画像を同時に録画できるようになりました。 3. デュアルカメラ搭載なので、熱画像上に視覚画像を同時に重ね合わせて確認することができます。

ZENMUSE Z30

すべて
  • こちらのジンバルカメラを購入したいです。

    こちらの機体は産業用商品のため、使用目的等をヒアリングしてからお見積りいたします。

    JDRONEの担当営業にお伝えください。
    enterprise@jdrone.tokyo

    詳しくはこちらのリンクをご覧ください。
    DJI Zenmuse Z30

  • Zenmuse Z30にはどのようなズーム機能がありますか? どの程度のズームですか?

    Zenmuse Z30は、光学30倍ズームに加え、デジタル6倍ズームが可能です。

  • Zenmuse Z30はOsmoハンドルに取り付けて使用できますか?

    できません。Zenmuse Z30は産業用に設計されており、Osmoシリーズとの互換性はありません。

  • Z30は、どのような用途や状況に適していますか?

    Zenmuse Z30は、設備調査やインフラ調査、消火活動および捜索救助活動等を含むさまざまな産業用途を想定し、設計されています。詳細を次のとおりです。
    - 消火活動:遠く離れた場所から発火源を発見し、火災領域を測定します。爆発の危険性等がある場合、安全な距離を保ちながらの作業が可能です。
    - 携帯電話基地局の調査:基地局の重大な箇所にズームして精査が可能なため、近接飛行の際に生じるリスクを防ぐことができます。
    - 建設現場の調査:遠く離れた場所から、ピンポイントでの調査が可能です。

  • Zenmuse Z30はInspireシリーズとの互換性はありますか?

    ありません。Zenmuse Z30は、MatriceシリーズのMatrice 100およびMatrice 600のみに互換性があります。

  • Zenmuse Z30とZenmuse Z3の違いは何ですか?

    Zenmuse Z30は光学30倍ズームで、Zenmuse Z3は 光学3倍ズームです。さらに、Zenmuse Z30にはズームを簡単に行えるTapZoom機能など、他にはないインテリジェントな機能が搭載されています。

  • Zenmuse Z30を使用中に、動画に揺れは生じますか?

    高倍率ズームの場合、微細な動きや機体の振動が拡大され、動画撮影の最中にわずかな揺れが生じます。写真撮影には影響がないため、高倍率ズームは、リアルタイムに調査するときや写真撮影に最適です。

  • DJI Matrice 600にZenmuse Z30を取り付けて使用する場合、対応するインテリジェント機能にはどのようなものがありますか?

    TapZoom、ワンプッシュで1倍ズームに戻る機能、霧補正などがあります。

FAQ