日本国内における、ドローンの機体登録制度に関する、航空法改正案が決定しました。
国会で成立すれば、2022年に施行されます。
また、日本国内でドローンを利用する方は所有しているドローンの登録が義務化されます。

2021年度(次年度中)に現在所有している、手持ちの機体を登録する必要があります。

現状、具体的な重量は示されていませんが、トイドローン等の小型機体は除外処置があるようです。
※マスコミの情報によると200g以上の機体が対象とのことです。この情報通りならMAVIC MINIは登録不要です。

下記は国土交通省のPDFから抜粋しました。

http://www.mlit.go.jp/report/press/content/001330572.pdf

○所有者は、氏名・住所等や機体の情報を国土交通大臣に申請。
○国土交通大臣は安全が損なわれるおそれがある無人航空機の登録を拒否。登録した機体については登録記号を通知。
○無人航空機は登録を受け、かつ、登録記号の表示等をしなければ飛行を禁止。
○安全上の問題が生じた無人航空機に対し、国土交通大臣が是正命令。
○登録事項変更時の変更届出、登録の更新、不正時の取消等の制度を整備。

また、同時に主要空港周辺での小型無人機等の飛行を禁止する命令・措置も施行されることが発表になりました。

この法律の成立によって、日本国内における、ドローンの運用が大きく変わっていくことが想定されます。
また、ルールが制定されることにより、ドローンの産業利用もますます増えていくことが予想されます。

国土交通省のプレスリリース
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku02_hh_000149.html

日本経済新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56160500Y0A220C2EAF000/

TBS NEWS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3917114.html