10月27日、JDRONEは神奈川県様と防災協定を締結しました。
この協定は神奈川県内での災害発生時に、当社がドローンを用いて情報収拾や捜索活動、必要物資の運搬などと、神奈川県と協力して行うというものです。
当社は、その場面に応じて適応するドローンを運用し災害対応に当たります。

当社は例年、神奈川県様が県下の市町村様と合同で行う総合防災訓練「ビックレスキュー神奈川」に参加させて頂いています。

長年の運用実績と知見に基づき、こうした「パブリックセーフティ」と呼ばれる分野への積極的な参画は、ドローンソリューション企業として社会的責任であると認識しております。
これからも、ドローンを社会において安全かつ健全に活用することで、産業発展と社会貢献に寄与して参ります。

<パブリックセーフティ対応例>
*ドローンを活用した海岸パトロール
*神奈川県箱根町「大涌谷」での調査活動
*都市型風水害対応訓練へのドローン協力
*災害対応時におけるドローン運用の実験