東京都産業労働局農林水産部森林課様からのご依頼により、現場の撮影データを基に作成したオルソ画像から、植栽した苗木や森林施業等により森林状況が変化した箇所を確認するという検証を実施しました。

弊社独自のノウハウを駆使し、ドローン(現時点で最先端のもの)とGISを活用し、森林の状況や苗木の見え方の違いを比較しました。

森林・林業でのドローン有効活用に向け、目的に合わせた撮影手法の検討等の課題が把握でき、非常に良かったとのお声をいただきました。

検証の様子

自動航行の様子

解析作業の様子

今後も、造林現場におけるリモートセンシング技術の導入・普及を支援致します。