法政大学様からのご依頼により、鹿児島県の喜界町(喜界島)において、ドローンによるアリモドキゾウムシ不妊虫放飼試験を実施しました。
法政大学と鹿児島県は、アリモドキゾウムシという害虫による被害(さつまいもの食い荒らし)を食い止めるべく、長年連携して研究活動を続けています。弊社は2016年より、ドローンの運用及び自動放飼装置の開発を通じて、本事業に参画させて頂いています。
なお新型コロナウイルス感染拡大の影響により、喜界島現地での活動は約2年振りとなりました。
これまでの活動や経緯については、過去の導入事例をご覧ください。

【導入事例】ドローンを使った害虫駆除

業務概要

日時:2021年12月6日(月)~12月9日(木)

場所:喜界島(鹿児島県喜界町)

目的:効果的な害虫防除方法を検証するため

使用機体:産業用ドローン複数機種

内容:
① 撮影限界高度の調査
② 不妊虫の自動放飼試験

喜界島の風景

ドローン活用に至る背景

ドローン活用を推進する背景を簡単にご説明します。
従来はヘリコプターから人の手で不妊虫放飼しておりましたが、有人機は低空飛行ができないため、広域に放飼しなければならず、大量の不妊虫が必要でした。さらに、有人機そのものにも高額な費用がかかり、トータルで多くの費用を要します。
一方、ドローンを活用することで、低空飛行かつピンポイントに不妊虫を放飼することができ、さらに機体自体も有人機と比較して手頃な価格となります。

ドローンを活用することで、効果的かつ低予算の害虫駆除が実現可能と考えた法政大学様の研究の元、JDRONEは飛行業務、ドローンのカスタマイズ、オリジナルユニットの作成を行っています。

業務内容

今年度は、ドローンによる不妊虫の自動放飼を目指すべく、アリモドキゾウムシの宿主であるノアサガオを認識できる撮影高度の調査、及び不妊虫の自動放飼試験を行いました。

自動放飼装置については2020年度に法政大学・多摩キャンパス内で放飼試験を行い、放飼精度(放飼量・的中率)の安定性は実証済でした。
今回は実際の現場で、また初めての生きた虫を使用した試験となり、実際の現場・条件で放飼が可能かという所が要点でした。

また、本プロジェクトとは別に、喜界町様では独自にUAVによる不妊虫放飼の導入をすでに開始されています。
こちらは使用機体や放飼方式の違いによる運用面の課題があり、今回の弊社機体はその懸念を払拭可能か確認するという目的もありました。
それゆえに喜界町の皆様からも興味を頂いた試験だった様に存じます。

投下ユニット(大)

投下ユニット(小)

ユニット搭載機体

不妊虫散布時の様子

お客様の声(法政大学様)

鹿児島県喜界島では1994年からサツマイモを食害するアリモドキゾウムシの根絶事業が始まっています。
防除作業は不妊化したアリモドキゾウムシを放飼することで行われていますが、アリモドキゾウムシの移動距離が短いことから、道路脇等では効果があるものの、森林内に点在するノアサガオ類を宿主としたアリモドキゾウムシの防除に時間がかかっています。

そこでここ数年、ドローンを使った防除作業の効率化に取り組んでおり、今年度は昨年度に作製した不妊虫自動放飼装置を用いて、現地喜界島において実際に不妊虫を搭載して放飼試験をおこないました。
使用中の機体の放飼精度より、今回の自動放飼装置の放飼精度が安定しており、また機体も小型化していただいたため、現実的かつ効果的な害虫駆除方法の確立が期待できると評価しています。

今回は、比較的平坦な森林上空からの放飼作業をおこないましたが、今後は空撮データと連動させて、山林地での放飼作業に応用できるよう、研究を進めたいと思います。

弊社では、御用途に応じたドローンに搭載する装置の受託開発・装着を行っています。
今後も農業・自然環境分野における、ドローンを活用した害虫駆除・対策を支援してまいります。

お気軽にお問い合わせ下さい。