少人数だから即戦力

Jドローン・アカデミーは、エレクトロニクスに関する開発と製造おこない、自社オリジナルの産業用ドローンの開発や市販機の改造をおこなう、日本サーキットが運営するドローンスクールです。

精密農業対応機、災害対応機など、様々な用途の機体開発やDJI機のカスタマイズなどの豊富な経験をJドローン・アカデミーのカリキュラムに反映していきます。

事業図

———————目次———————

———————————————

3つのポイント

少数精鋭

少数精鋭で密度高く学ぶ

・実技講習は講師1人につき生徒3人までの少人数で実施
・産業用ドローンを含む各種の機体を操縦している経験豊富な講師陣
・操縦技術はもちろん、ドローン開発経験にもとづく各種ノウハウを解説

短期集中

忙しいビジネスマンの皆様でも、

通いやすく、効率よく修得できるスケジュール

ドローン操縦士養成コースは座学・屋内実習を2日、屋外実習を1日の計3日間。忙しいビジネスマンの方でも通いやすい日程です。
希望者には屋外実習までの1週間に室内練習用の小型ドローンを貸出しますので、ご自宅で練習が可能です。また、アカデミー特典を利用して練習場でドローンを飛ばすこともできます。

卒業後も安心

アカデミー受講生ならではの特典

東京都葛飾区に、JDRONEが運営する「屋内飛行施設」にて20時間の飛行練習実習時間を無料提供。
受講終了後の操縦技術維持の心配がいりません。

「20時間」飛行特典の利用スケジュール例

「20時間」飛行特典利用スケジュール例

受講コース

ドローン操縦士養成コース

ドローン操縦士養成コースは座学・屋内実習を2日、屋外実習を1日の計3日間。
忙しいビジネスマンの方でも通いやすい日程です。
修了後に、JUIDA認定の『操縦技能証明証』を取得することができます。

※このコースでは、ドローンの基礎知識からドローンの操縦士として必要な知識を学ぶ座学と、実際に操縦技術を学ぶ実技を行います。
※JUIDA認定の操縦技能証明を得ることにより、企業等でドローン業務を行う際に、ドローンの操縦技術を取得している証明として役立ちます。

カリキュラム

1日目・2日目
9:30~20:30
座学(6h×2)歴史/機種/飛行原理/課題など
国際条例/航空法/安全ガイドライン
気象/電磁波
機体の構造/制御技術/GPS/通信
安全対策/点検/整備など
筆記試験
屋内実習(3h×2)飛行練習
3日目
9:30~16:30
屋外実習(4h)飛行練習
自動航行
実技試験

開催日程

第21期座学・屋内実習:11/5(月)11/6(火)屋外実習:11/14(水)
第22期座学・屋内実習:12/3(月)12/4(火)屋外実習:12/12(水)

開催場所

座学講習 屋内実習:
株式会社日本サーキット 東京事業所
〒124-0021
東京都葛飾区細田3-30-13
Tel 03-5876-7573
株式会社日本サーキット 東京事業所への地図はこちら
JR小岩駅北口バス停より京成バス「小54」亀有駅行きに乗車
細田三丁目で下車し、そこから徒歩3分となります。

座学・屋内実習写真

屋外実習:
埼玉県さいたま市桜区大久保領家
田中電気グラウンド
(旧浦和ルーテル学院羽根倉総合グラウンド)
田中電気グランドへの地図はこちら
実習当日は、南与野(JR埼京線)まで送迎車を用意いたします。
また、車で来場の場合は駐車場もございます。

屋外実習写真
価格¥198,000(税込)

銀行振り込みまたはクレジットカードでお支払い可能です。

特典屋内飛行施設 20時間利用権
定員6名
最小開催人数3名※最小開催人数に満たない場合は、中止する場合がございます
申し込み締め切り開催1週間前

※受講料に含まれるものは、教科書、筆記・実技試験費用など。また講習で使うドローンはこちらで用意いたします。

ドローン安全運航管理者コース

修了後には、JUIDA認定の『安全運航管理者証』を取得することができます。

※このコースでは、ドローンの安全運行に必要な技術と知識を学びます。
JUIDAのテキストだけでなく、実際の業務の中で得た安全管理のノウハウを教えます。
※JUIDA認定の安全運行管理者証明を得ることにより、企業等でドローン業務を行う際に、安全運航管理知識を取得している証明として役立ちます。

カリキュラム

1日
10:00~16:30
座学(5h)安全の定義
航空の安全3原則
改定航空法にみる社会が許容するリスクレベル
運用
安全運行管理
筆記試験

開催日程

第21期座学:11/28(水)
第22期座学:12/18(火)

開催場所

株式会社日本サーキット 東京事業所
〒124-0021
東京都葛飾区細田3-30-13
TEL 03-5876-7573
株式会社日本サーキット 東京事業所への地図はこちら
JR小岩駅北口バス停より京成バス「小54」亀有駅行きに乗車
細田三丁目で下車し、そこから徒歩3分となります

開催場所写真
価格¥52,000(税込)

銀行振り込みまたはクレジットカードでお支払い可能です。

定員6名
最小開催人数3名※最小開催人数に満たない場合は、中止する場合がございます
申し込み締め切り開催1週間前

※受講料に含まれるものは、教科書、筆記試験費用など。

法人カスタマイズコース

カスタマイズコース スケジュール例

当アカデミーでは法人様向けに個々のご要望に応じたカリキュラムをプログラム可能です。
お気軽にご相談ください。
ご要望の内容により、最適なスケジュールをご提案いたします。
JUIDA認定コースとの組み合わせも可能です。

無料アカデミー体験説明会

Jドローン・アカデミーの説明会は無料です。当アカデミーの特長や学ぶ内容の詳しい説明はもちろん、屋内練習で使う小型ドローンのフライト体験や、屋外実習で使う機体のデモンストレーションも行います。
はじめてドローンに触れる方もぜひお気軽にご参加ください。

以下の日程以外に説明会のご要望があればお問い合わせください。

実施日時11月7日(水)18:30-20:00東京事業所
11月14日(水)18:30-20:00東京事業所
11月20日(火)18:30-20:00東京事業所
11月28日(水)18:30-20:00東京事業所
会場株式会社日本サーキット
東京事業所:東京都葛飾区細田3-30-13
Tel 03-5876-7573 Fax 03-5876-7534
内容・ドローンの最新事情について
・Jドローン・アカデミーの紹介
・JUIDA・ライセンスについて
・空撮 / 産業用ドローン見学
参加費無料

株式会社 日本サーキット 東京事業所セミナールーム:
東京都葛飾区細田3-30-13
TEL 03-5876-7573
JR小岩駅北口バス停より京成バス「小54」亀有駅行きに乗車
細田三丁目で下車し、そこから徒歩3分となります

講師紹介

酒井 哲広

酒井 哲広

高周波回路やノイズ対策に関するプロフェッショナル。
ラジコン飛行操縦の経験を活かし、さまざまなドローンの機体やシステムを開発。自ら操縦して空撮業務から各種調査業務まで、あらゆるドローンのミッションに従事。

栗原 元夫

栗原 元夫

産業用機体からDJIの機体まで各種ドローンの操縦を行う。
また、技術部のトップとして各種機体やオプションの開発も行う。

飯田 春生

飯田 春生

20年以上、インターネットに関わる業務に従事。
2015年初頭よりドローンのメディアの編集・記事の寄稿を開始。
並行して、ドローンを利用した観光地や農地の空撮を開始。

山崎 英紀

山崎 英紀

カメラマン、空撮オペレーター、報道カメラマンの世界で空撮のオペレーションを行う。
第一級陸上特殊無線技師、国土交通省東北地方整備局UAV活用官民協力事業者。

髙見 雅之

髙見 雅之

ドローンを使った空撮、測量、及び専用ソフトによる3D画像解析を幅広い現場で実施。道路工事や宅地造成の現場、特に近年はメガソーラー建設用地でドローン業務を行う。年100時間を越える豊富な飛行経験と現場で培ったノウハウをもとに研修を行い、技術者の養成にも尽力。

小林 幸平

小林 幸平

企業支援・テクノロジー支援・地方創生に注力し、ドローンビジネスに多く携わる。
ドローンに関するセミナー歴は30回を超える。

証明書申請方法

1.ドローン操縦士養成コースを受講・試験

2.ドローン操縦士養成コースを修了

試験に合格するとJドローン・アカデミーから修了証が送られてきます。
この修了書をもとに申請を行っていきます。

3.JUIDA準会員へ入会

操縦技能証明証を発行するためJUIDAへ入会します。
(https://uas-japan.org/contact_license/)

4.JUIDA申請ページに入力

申請ページに必要なデータを入力していきます。
このとき、修了証のPDFデータ(sojyu.pdf)、顔写真のJPEGデータ(kao.jpg)、身分証明書のPDF(mibun.pdf)が必要になるので前もって用意しておきましょう。

5.証明書が送られてくる

操縦技能証明書と証明書グッズが送られてきます。