MAVIC AIR 実機レポート

ついに発売!MAVIC AIR

待望のDJI新機種、MAVIC AIRがDJI ARENA及びJDRONE SHOPに入荷しました。
※フレイムレッド及びコンボはお待ちください。
MAVIC AIRはMAVICとSPARKの中間にちょうど位置する機種です。
従来のMAVICが700g以上でしたが、400g台と非常に軽量化されています。

目次
プロポでも、スマートキャプチャーでも。安定度の高いMAVIC AIRの飛行
非常にコンパクトなMAVIC AIR
MAVIC PRO を選ぶか、MAVIC AIRか、それともSPARKか
本格的な空撮ならMAVIC PROとMAVIC PRO Platinumはまだまだ負けない?
ソフトウェアや撮影機能でも、さらにパワーアップしているMAVIC AIR
MAVIC AIRの細かい改良点
MAVIC PRO、MAVIC AIRなど、各機種の性能比較表

プロポでも、スマートキャプチャーでも。安定度の高いMAVIC AIRの飛行

実際にDJI ARENAで飛行させてみました。結果これまでの機種よりさらに安定感が増した印象があります。また、ジェスチャーで操作するスマートキャプチャーについては、明らかにその認識度と正確性が向上しているなと感じました。
SPARKに比べると、モーターパワーに余裕があり、その為か、動きには機敏性を感じます。まだ野外での飛行は試していませんが、このパワーユニットの搭載によって、野外の風に対してどれくらい安定した飛行をみせてくれるのかが楽しみです。

mavicpro and mavicair holdings

非常にコンパクトなMAVIC AIR

mavicpro and mavicair holdings
折りたたんだ状態のMAVIC AIRとMAVIC PRO。MAVIC AIRが明らかに薄く、コンパクトになっています。左上はプロペラガードをつけて広げた状態です。

本体の大きさは非常にコンパクトです。SPARKより少しだけ大きいようにも思えます。折りたたんだ時は現状のMAVICよりもさらに小さく、色々なところに連れて行きたくなりますね。

MAVIC PRO を選ぶか、MAVIC AIRか、それともSPARKか

MAVIC AIRに興味をお持ちのドローンエンスーの皆様が悩むこと、それはDJIの他ドローンとの違い、というところではないでしょうか。
明らかに大きさや性能がが違う、InspireシリーズやPhantomシリーズは別にして、現行品のMAVIC PROやSPARKとの違いは気になるところだと思います。

3機種を並べるとMAVIC PROとSPARKのちょうどを中間を埋めるのがMAVIC AIRになりそうです。

また、各ドローンの性能の違いを表にまとめてみました。※下部をご覧ください。

結構細かいところに違いがありますね。

本格的な空撮ならMAVIC PROとMAVIC PRO Platinumがまだまだ負けない?

MAVIC PROとMAVIC PRO PLATINUMですが、MAVIC AIRが発売された後でもまだまだアドバンテージがありそうです。

MAVIC PROの4kmまで届くと言われる電波品質と、OCCUSYNCについて

MAVIC PROシリーズのみ、OCCUSYNCという伝送方式を使っており、電波が他の機種よりも届きやすいようです。※4kmは電波状態が本当に良い時で、実際にはもう少し短く(2km程度に)なる見込みです。このOCCUSYNCによって、MAVIC PROシリーズはDJI GOGGLESの各機能への対応内容が多く、MAVIC PROシリーズのみのがDJI GOGGLESの各機能に一番対応している機体です。

送信機の各機能

新しく発売されたMAVIC AIR、及びSPARKですが、送信機の「C1」「C2」ボタンと、「右ダイヤル」が省略されています。

これらの機能ですが、本格的な空撮を行う場合は結構使う操作子(インターフェース)でして、特に上位機種のPHANTOMやINSPIREでの操作に慣れていると必要になってくる操作子です。

ちなみに、「C1」ボタンはジンバルの90度切替、「C2」ボタンはバッテリー各セルの状況を見るのに使う人が多いです。

また、右ダイヤルがあると、カメラのシャッタースピードや ISO感度を素早く切り替えることができるため、様々な光線状態の下で最良の映像を目指すべく、シビアな空撮を行なっている人には必須の操作子と言えそうです。

MAVIC AIR送信機
MAVIC PROのプロポ 図示されているのはMAVIC AIRに無い操作子です。

MAVIC PROの送信機の上面にある液晶と「5Dボタン」もMAVIC AIRとSPARKで省略されています。

液晶があるとタブレットなしでも、機体の状態がすぐ把握できて便利です。
※液晶は特になくても平気といえば平気なのですが、、機体と送信機のバインド状態もすぐ把握できたりしますね。

5Dボタンは通常だとデジタルズームができたり、DJI GO4の設定によって様々な機能を割り当てることができます。また、DJI GOGGLESを使用した時には、送信機から手を話さずにカメラのパラメーターを操作することができるため、非常に便利です。

MAVIC AIRは送信機の操作子がSPARKと同じですので、MAVIC PROと同様の撮影操作性を期待できないかもしれません。その分、必要なところにコストをかけたり、後述のスティック取り外し機能など、パワーアップしている部分も多いかと思います。MAVIC AIRはSPARKと違って、送信機とモバイル端末の間の接続がwifiではなく、確実性の高いUSBの有線接続となっています。

MAVIC AIR送信機
MAVIC AIRのプロポ MAVIC AIRは下のUSB端子で送信機とモバイルデバイスの間を接続します。

ソフトウェアや撮影機能でも、さらにパワーアップしているMAVIC AIR

MAVIC AIRはMAVIC PROが発表されてからほぼ1年後の最新機種となります。

今回は主にDJI ARENAで屋内飛行と機体のデザインについて主にレポートを行いましたが、他にもソフトウェアや動画撮影性能など、かなりの部分が強化されています。

すでに公表されているスペックでも、動画のビットレートがMAVIC PROの60Mbpsと比べて、100Mbpsと帯域が広く、4K動画の撮影も可能なため、高画質が期待できます。
4Kではない、フルHDで120fpsの撮影ができるため、ドラマティックなスローモーション動画も撮影できます。

自動撮影機能であるクイックショットも、「アステロイド」と「ブーメラン」という機能が新たに追加されています。

障害物センサーも前後に装備されており、前後でも下部のビジョンポジショニングと同様に画像解析を行って障害物を回避を行っているようです。最新のテクノロジーを体感できそうです。

また、MAVIC AIRは8GBの内蔵メモリを持っています(以前のMAVICやSPARKには内蔵メモリがありませんでした)microSDがなくても本体だけで高画質の映像や写真を撮影してストレージすることができます。

MAVIC AIRの細かい改良点

MAVIC AIRですが、従来のMAVIC PRO,SPARKからあちこち改良された点があります。

プロポのスティックが着脱式に

今まで固定式だった、プロポのスティックが外れるようになりました。固定時はネジでがっつり固定されています。外した場合はプロポの中に格納して持ち運ぶことができます。

送信機が非常にコンパクトになり、持ちやすくなりました。また運搬時、スティックに過度な負荷をかけて破損することも少なくなりました。

MAVIC AIR送信機
MAVIC AIRの送信機。右側のスティックを外して、格納してあります。(左側のスティックも同様に格納して持ち運びできます)

プロペラが折りたたみでなくなった

従来のMAVICやSPARKですと折りたたみだったプロペラが、一体型のプロペラに変わりました。一体型の分、プロパラ全体の強度が増していると見て良いと思います。

SDカードの差込口が後部になった

MAVIC PROでは機体側面から入れる方式だったMicroSDが、機体後部から入れられるようになりました。従来のMAVIC PROだと折りたたんだ状態だとmicroSDの出し入れができず、機体を展開する必要がありましたが、MAVIC AIRなら折りたたんだ状態でメモリーを取り出すことができます。前述の8GB内蔵メモリーに加え、細かい部分の使い勝手が増していますね。

また、機体と送信機などのリンクも、背面のファンクションボタンで可能になったため、MAVIC PROより便利になっています(MAVIC PROは側面の蓋を開けて、ボールペン等の細いもので押さないと送信機やGOGGLESとのリンクができませんでした)

MAVIC AIR backshot
MAVIC AIRの背面 USB-C端子の隣にmicro SD 、下にステータスLED兼ファンクションボタンがあります。

MAVIC PRO、MAVIC AIRなど、各機種の性能比較表

MAVIC PRO PLATINUMMAVIC PROMAVIC AIRSPARK
重量734g734g430g300g
価格(COMBO)円(税込)184,800169,800129,00079,800
折りたたみ式プロペラ×
送信機スティックの取り外し×××
SDカード挿入口
最高速度64.8km65 km/h68.4 km/h50 km/h
障害物センサー前方,下方前方,下方前方,後方,下方前方,下方
送信機右ダイヤル
プロポC1.C2ボタン
ジンバル3軸3軸3軸2軸
伝送距離4km4km2km500m
映像伝送システムOccusyncOccusync拡張Wi-Fi拡張Wi-Fi
内蔵メモリなしなし8GBなし
映像関係
カメラセンサーサイズ2/3インチ2/3インチ2/3インチ2/3インチ
解像度12MP12MP12MP12MP
4K動画×
ビデオビットレート60Mbps60Mbps100Mbps24Mbps
バッテリー
バッテリー持続時間30分27分21分16分
バッテリー3,830mAh3,830mAh2375mAh1480mAh
バッテリー重量約240g約240g約140g約95g
DJI GOGGLES
GOGGLESで使える機能ジンバルコントロール、ヘッドトラッキング、インテリジェントフライト、ライブビュー、WIFI接続ジンバルコントロール、ヘッドトラッキング、インテリジェントフライト、ライブビュー、WIFI接続ライブビュー、有線接続ヘッドトラッキング、ライブビュー、有線接続