日本サーキットでは、2017年10月11日(水)〜13日(金)まで開催される第4回国際次世代農業EXPOに出展いたします。

今回は「本格実用化が進むドローンとIOT」をテーマに出展いたします。
日本サーキット※※では以下の機材を中心に展示していきます。
※予定につき、変更される可能性がございます。
※※JDRONEは日本サーキットのドローン事業のブランドです。

精密農業機体

ドローンとして定評のあるDJIの機体にマルチスペクトルカメラを積載しました。
MAVIC及びINSPIRE2にマルチスペクトルカメラを積載しています。

マルチスペクトルカメラを使用することによって、人間の目や在来のデジタルカメラで見ることのできなかった農地の状態を把握することが可能です。
また、ドローンの航行も自動航行アプリを使用することによって省力化できます。

農薬散布機

開発中のJDRONEオリジナル農薬散布機を展示予定です。
※農林水産航空協会認定手続き中です。
※農林水産航空協会の基準に沿った、農薬散布のトレーニングも計画しています。

農薬散布機(開発中)

液体農薬散布機(開発中)

粒状農薬散布機

粒状農薬散布機(開発中)

センサーネットワークを使った農業への応用

水田やビニールハウスにおいて、無線を使った遠隔監視システムを構築します。
遮蔽物の多い環境でも伝播しやすい、920MHzの無線を使うことにより、わざわざケーブルを使わなくても各農地の状態をお手元のパソコンで把握することができます。
20台以上の装置を接続可能です。

また、既に長野県の果樹園で稼働中の広域デジタル無線を使った散水システム開発事例をご紹介します。

無料招待券は下記よりお申込みください。
※通常入場料5,000円 (税込)

https://www.agri-next.jp/tokyo/
展示会名:第4回次世代農業EXPO 農業ワールド2017と同時開催
会場: 幕張メッセ
会期: 2017.10/11(水)-13(金) 10:00~18:00
13日(金)のみ17時終了
主催: リード エグジビション ジャパン株式会社